早川書房50%割引の大型電子書籍セール おすすめ どれ

はい、教えましょう。
期間も6月2日(水)から22日(火)までの21日間とたっぷりなので吟味できますね。

吟味できるかもしれないですが、私は吟味させません。50選とか大量の選択肢は提示しません。したいですが、たいへんなので……。

セールはこちらから。

https://amzn.to/3x1sU6C

三体Ⅰ〜Ⅲ?買えばよろしい。面白いです。でもそんな答えを求めてないですよね。

私が読んで、読み続けているのはこれら

夏への扉を読んでない人がこの世にいる?!マジですか?私の隣人は全て読んでいるが?なぜなら私が布教しているので。
ピートというネコがかわいい。可愛くないねこいるんか?
1956年に発表されたタイムトラベルもののSF小説です。タイムトラベルの先は2000年。私達が住む今の時空より過去なんですよ。
当然、この小説が発表されたときからしたら遠い未来だったんですが、今私達がいるのはその未来の先です。未来小説を未来から読むの最高じゃないですか?

最後の一文がただただ美しく、悲しい。この一文に出会うためにこの本を読みました。

官能小説ではない。性というより生を描いている本のように受け取りました。
この本を手に取るたびに、雪の風景が思い浮かぶ。くだらなく切実な日常を生きる私達の風景。

この短編集中の1編は以前早川書房のnoteで公開されていて、それを読んだときに惹かれていた作品。
私はSFも好きですが、それ以上に人間の情緒が好きなところがあるのですが、その両方を満たせる作品集。
言語についての話もあり、コールドスリープもあり、題材としてはオールドファッションなんだけれども、現代の感性でそれはこんなふうに描かれるんだなと。
つまり、あの日私達が、例えば父が、熱狂していたSF像とは異なるそれがこの物語にはあります。

すみません、津原泰水が好きなだけなんですけど、幻想文学でありSFである本書好きなので……好きなので……。
想像力で、私はこんな世界を見ることができるんだ、という純粋な驚きがあります。読書の楽しみって、他者の想像力を拝借できるところで、知らないところに連れて行ってくれるんですよ。
その感覚をことさらに強く意識させられた本でした。

同作者のこちらも。一時期Twitterを騒がせてたりしましたね(幻冬舎とのあれ)。

以上、読んでくれのコーナーでした。

SEO対策したい?それならばパンくずリストを設定しろ、話はそれからだ

以上です。
タイトルで結論シリーズ。

SEO意識するならパンくずリストを上でも下でもページのどこでもいいから設置しておこうねというだけの話です。
以下蛇足。

続きを読む

家にある個別株全部売った、そしてVYM買ってる

ついでにひふみも売った。

というわけでキャッシュポジションが増えています。
現金持っててもアレだな〜というわけで先月くらいからじわじわと高配当ETFの VYM に資金を投入しています。
配当生活だ〜〜〜わ〜〜〜い。はい。夢。

本番組は私の学習のために組み込み銘柄を見ていく放送です。

続きを読む

カップ麺をいつ食べるか問題

そんな問題ねーよ、という声が各所から聞こえて来るんですが、あるんですよ。
カップ麺、いつ食べますか。
先週末にカップ麺が急激に食べたくなって買ってきたのですがそれが未だに消費されずにキッチンのスペースを占めています。

人生には3つの難しいタイミングがあります。株を買うタイミング、株を売るタイミング、カップ麺を食べるタイミング。何いってんだこいつ。

続きを読む

SEO対策したいなら著者プロフィールをしっかり作れの段

まあ、私は匿名なんですけどね。

Google先生は著者プロフィールがSEOにおいて重要であると明言しています。

著者情報が載っているページに各記事からリンクを貼るといいそうです。

続きを読む

大損切り祭り開催中

まーたタイトルで言いたいことが終わってしまった。
でもタイトルで言いたいことが終わるのっていいですよね。タイトルで言いたいことが伝わらないと良くないって古事記にも書いてました。

というわけで損切り祭りを開催しています。- 60万くらい……。
大体はTDOCです。去年の春くらいから入って積みましてましたが死んできたので……。
十万ちょっとの損切りはまあたまにやりますが、これくらいまで傷が広がったのは初めてな気がします。ので記録。

増えたキャッシュは VYM, VTI あたりに突っ込んでおこうと思います。
またマーケット自体の風向きが良くなってきたときに入りたい。遠隔診療はスタンダードになっていくと思うので。だって調子悪いときに外出たくないもの。

というわけで確定した利益と相殺してもまだマイナス圏にいるので、地道に積みませるように頑張るます。

Youtube Premium(プレミアム)と私

タイトルが思い浮かばなかった。
昨年末からYoutube Premium(プレミアム)に登録しています。その葛藤の話です。

誰の得にもならない記事です。

続きを読む