マーケターが株とガジェットを買うだけのブログ

築30年2DKに住むマーケターの生活と投資

君は2021年5月に来るGoogle検索アルゴリズムアップデートを知っているか

検索、してますか。してますよね、検索。
検索されたいですよね。自分のページ。わかります。

珍しくGoogleさんが2021年5月に検索アルゴリズムアップデートするよ!と予告*1しているのでその話をします。
多分大多数の人は興味ないかと思うんですが、興味ないものにこそ、金の卵が眠っているのです。

コアウェブバイタルがランキングに影響を及ぼすようになります

何いってんだこいつ、日本語でおkという感じですね。わかる。
誰もがわからないことがわかるので、わかるように解説します。

コアウェブバイタルは以下の3要素で構成されます。

LCP (Largest Contentful Paint)

ページの表示速度です。ページの中で最も大きな要素が読み込まれるまでの時間を計測しています。速けりゃ速いほどいいです。
読み込みを速くする技術は今後もニーズ高いでしょう。

FID (First Input Delay)

ユーザーがなにかページ内でアクションを行った際に反応する速度のこと。速けりゃ速いほうがいい。

CLS (Cumulative Layout Shift)

ユーザーが予期しない動き、レイアウトが発生してないか。つまり、ページをスクロールしてたら急に広告が出てきてしまって誤タップなどを誘発するような設計になっていないか、的なやつ。

要するに、「ページがサクサク動いて邪魔なものがない状態」のサイトが評価される(検索順位が上がりやすい)よ。
ということです。

どうやってその指標がイケてるかしらべるの?

グーグルサーチコンソールで調べましょう。グーグルさんが絶対です。

ウェブに関する主な指標
ここです

Search Consoleの「ウェブに関する主な指標」レポートを確認して 不良判定をされているところを早急に修正しましょう(赤く表示されます)。
一方、黄色の「改善が必要」の項目についてはまだ具体的に決まっていないようです。まて続報。

では、今のサイトがどうなっているのか確認してみてダメそうだったら修正してみてくださいね!よい検索エンジン最適化ライフを!

こんな素敵な情報を発信し続けるこのブログの読者登録も……してね!